ホンダ車

新型ヴェゼルの納期・マイナーチェンジ情報2024年3月

新型ヴェゼルの納期・マイナーチェンジ最新情報

新型ヴェゼルを購入する上で心配なのは、納期はいつかではないでしょうか?

ホンダは生産が好調で、ヴェゼルの納車も早まる状況ですが、2024年4月にはマイナーチェンジが予定され納期は不安定になりがちです。

そこで本ページではヴェゼルの納期とマイナーチェンジ情報をまとめました。

納車推移や生産状況など、最新データをもとに解説していきます。

新型ヴェゼルのマイナーチェンジ情報2024年

新型ヴェゼルのマイナーチェンジ

現時点で判明している「ヴェゼル」のマイナーチェンジについて、全体ポイントと変更点をまとめました。キーコンセプトは不変ながら、デザインと機能面で進化が感じられる内容となっています。

マイナーチェンジの実施・発売日

新型ヴェゼルのマイナーチェンジ・発売日については2024年4月25日(木)に発表があり、4月26日(金)に発売が予定されています。先行予約は3月下旬以降の見込みです。

マイナーチェンジ後は人気で納期が遅れることがあるため注意しましょう。

エクステリアの変更点

・エクステリアはフロントグリルのバンパーまわりの意匠を変更。小変更にとどまる。

・ヘッドライトの意匠変更。

・フルLEDリアコンビネーションランプの新採用。

・新色「スレートグレーパール」「シーベッドブルーパール」「ボタニカルグリーンパール」の追加。(「メテオロイドグレー」「ミッドナイトブルー」「サンドカーキ」は廃止。)

・「PLaYパッケージ」は外観サイドビュー下部のオレンジ色のラインがブルーに変更。

内装・インテリアの変更点

・本革巻きステアリングホイールの新採用。

・2段組のセンターコンソールの新採用。

・「PLaYパッケージ」でパノラマルーフが選択可能。また、内装の差し色のオレンジ色がブルーに変更。

安全性能の変更点

・衝突軽減ブレーキ、車線維持支援システム、ACCの性能が向上される。

・急アクセル抑制機能の新採用。

グレードの変更点

・特別グレード「HUNT(ハント)」の新設定。
アウトドアテイストの見た目になりルーフレールと16インチアルミホイールが採用。内装は撥水ファブリックシートが採用される。

・特別グレード「PLaY」の廃止

・「e:HEV Z」グレードに「PLaYパッケージ」オプションを追加。
PLaY専用インテリアと2トーンカラーが適用され、パノラマルーフのあるなしは自由に選択可能。

新型ヴェゼルのマイナーチェンジ後のグレードと価格

新型ヴェゼルのマイナーチェンジ後のグレードと価格は以下のとおりです。

値上げ幅としては29,700円~196,900円となる見込みです。

グレード 駆動 価格
ガソリンG 4WD 2,648,800円
e:HEV X 2WD
4WD
2,888,600円
3,108,600円
e:HEV Z 2WD
4WD
3,198,800円
3,418,800円
メーカーオプショングレード
e:HEV X HuNT Package 2WD
4WD
110,000円
110,000円
e:HEV Z PLaY Package① 2WD
4WD
357,500円
357,500円
e:HEV Z PLaY Package②
①に以下が追加
・マルチビューカメラ
・プレミアムオーディオ
・パノラマルーフ
2WD
4WD
595,100円
595,100円

マイナーチェンジでは特別グレード「PLaY」が廃止し、その代わりでメーカーオプションで「PLaYパッケージ」を選べるようになりました。

新型ヴェゼルの最新納期情報

新型ヴェゼルの納期最新情報

ホンダ新型ヴェゼルの最新納期は、ガソリン車・ハイブリッド車ともに1ヶ月程度になります。現在は「play」グレードのみ注文の受付を停止しています。

公式サイトの工場出荷時期目途についても1ヶ月程度となります。なお、マイナーチェンジが2024年4月に予定されています。

ヴェゼルは納車が早い車ではないですが生産数の増加に伴い、2024年以降は早まっています。

複数の販売店への取材によると震災の影響により納期が最長で2ヶ月程度伸びるケースがあるとのことで、念頭に入れておくとよいでしょう。

また、オプションのパノラマルーフをつけると納期が遅れることもあり、ディーラーに確認するのがおすすめです。

経営元の異なるホンダ販売店ではヴェゼルの割り当て台数が異なり、納期には幅があるので注意が必要です。

納期が長引いていたヴェゼルですが、現在は改善されてきていて買い時といえます。

新型ヴェゼルの納期推移

ホンダ新型ヴェゼルの納期目安は以下のとおりになっています。

毎月大きく変動しているため随時ご確認ください。

契約月 納期目安
2024年4月 ガソリン車:1ヶ月
ハイブリッド車:1ヶ月
2024年3月 ガソリン車:1ヶ月
ハイブリッド車:1ヶ月
2024年2月 ガソリン車:3ヶ月
ハイブリッド車:3ヶ月
2024年1月 ガソリン車:3ヶ月
ハイブリッド車:4ヶ月
2023年12月 ガソリン車:3~6ヶ月
ハイブリッド車:4ヶ月
2023年11月 ガソリン車:4~6ヶ月
ハイブリッド車:4ヶ月
2023年10月 ガソリン車:6~8ヶ月
ハイブリッド車:6ヶ月

ガソリン車を中心に遅れが出ていましたが、2024年以降は全体で短縮傾向が出ています。

気をつけたい点としては、2024年のマイナーチェンジ実施で需要が増えて納期が遅れる可能性があります。

マイナーチェンジ版の先行予約開始は3月以降が目途となりますが、早めに契約しておくことが望ましいでしょう。

ヴェゼルの生産状況の推移

新型ヴェゼルの生産状況の推移は以下のとおりです。前年比ベースも掲載しています。

年月 生産台数 前年比
2023年2月 7,520台 171.9%
2023年1月 7458台 255.7%
2023年12月 6928台 139.8%
2023年11月 9396台 166.2%
2023年10月 7085台 164.9%
2023年9月 5489台 138.4%

新型ヴェゼルはフル稼働で生産できるようになっており、供給体制が改善されています。2024年以降はさら生産数が増えています。

前年比ベースで比べても生産は大きく増加していることが分かります。

生産状況は好調ですが、今後の動向は常に確認されることをおすすめします。

ヴェゼルの納期は早まる?今後の見解

新型ヴェゼルの納期は早まる

ホンダ新型ヴェゼルの生産台数の増加にともない納期は改善されており、さらに早まる可能性があります。

2024年以降は半導体不足による供給体制も改善し、バックオーダーも順調に消化しています。

ただ、2024年のマイナーチェンジ実施により更なる人気化は確実です。

一時的に納期が不安定になることはあり得るため注意が必要です。

ヴェゼル納期・マイナーチェンジの口コミ

新型ヴェゼルの納期とマイナーチェンジに関する気になる口コミをまとめました。

ヴェゼルの納期はかなり改善されているようで2~3ヶ月で納車できるとのこと。

ハイブリッド車が2~3ヶ月、ガソリン車が4ヶ月。ハイブリッド車の方が若干早いようです。

当初言われた納期よりも3月程度短縮されました。

マイナーチェンジ後の納期は長くなるという話なので、ZR-Vにしようか迷い中。

マイナーチェンジ後のオプション「PLaYパッケージ」では、パノラマルーフあり・なしが選択できるとのこと。パノラマルーフによる納期遅れに配慮しているようです。

ヴェゼルの納期・納車が早まるコツ

新型ヴェゼルの納期が早まるコツ

新型ヴェゼルの納期が早まるコツについてポイントを3つご紹介します。

複数の販売店に問い合わせる

ホンダは販売店ごとにヴェゼルの割り当て台数は異なります。そのためHonda Cars 販売店によっては最大で3ヶ月ほどの納期差があります。

一般に大型店は納期が早い傾向が見られます。大型店も含め、複数のホンダ販売店に納期を問い合わせるのはおすすめです。

もし在庫があれば1ヶ月以内にスピード納車された事例もあります。

在庫の多い仕様(ボディーカラーとグレード)を選ぶ

ヴェゼルの中でも在庫が多い仕様を選ぶと、納車が早まる可能性が高まります。

ボディーカラーでは人気の「プラチナホワイトパール」「プレミアムサンライトホワイトパール」「クリスタルブラックパール」が多く生産されるため、迷ったら選択しましょう。

グレードは「e:HEV Z」の人気が高く、迷った時はこちらがおすすめです。

販売店によって在庫状況はことなり、「納期が早い仕様はないか?」販売店に聞いても良いでしょう。

オプションのつけすぎに注意

オプションは過去に納期遅れの原因となっており、半導体不足は解消されているものの、必要以上につけすぎない方が良いでしょう。

マイナーチェンジ後は、オプションの「PLaYパッケージ」においてパノラマルーフの有無を選択することができます。

変更できないメーカーオプションはきちんと選び、ディーラーオプションは迷ったら保留にするのも一つの手です。

新型ヴェゼルのマイナーチェンジ・納期情報まとめ

ここまで、ホンダ新型ヴェゼルのマイナーチェンジ・納期情報について解説してきました。

全体をまとめると以下のとおりです。

  • マイナーチェンジは2024年4月
  • 内外装と機能が大幅に進化
  • 新グレードが新たに設定
  • 納期はガソリン車、ハイブリッド車ともに1ヶ月
  • 生産好調で納期は早まる
  • 一部オプションによる納車遅れあり

新型ヴェゼルは、生産台数が増えて供給体制が大幅に改善されています。

ただし、マイナーチェンジの内容が魅力的のため、今後さらに人気化する可能性があるでしょう。

なるべく早く契約し、納期が心配な場合は複数ディーラーに問い合わせることをおすすめします。

ヴェゼルの状況は動いているため、ぜひ本ページを定期チェックして下さい。

【愛車を高く車売るなら】ナビクル車買取

愛車の無料査定申し込み直後、すぐに買取相場が分かるのが魅力で、他の査定額と比べることができて重宝します。
76.9%の方が高く売却できたと実感し、上場企業運営だから安心です。


【電話が苦手な人向け】MOTA車買取

やりとりするのは高額査定の上位最大3社だけで、電話ラッシュが苦手という人も安心です。最大20社が競い合うため愛車の高額査定が期待できるのも魅力。

  • この記事を書いた人
プリズムアップ

ウォルターインターナショナル合同会社

プリズムアップは、ウォルターインターナショナル合同会社が手がける自動車メディアです。車業界で長年培ってきた経験と知識を生かし、ユーザー目線で新車や中古車、納期情報を分かりやすくお届けしています。

-ホンダ車