トヨタ車

ランクル250の納期最新情報2024年!口コミや納車早まるコツと共に解説

ランクル250の納期最新情報

ランドクルーザー250(ランクル250)を購入する上で心配なのは納期ではないでしょうか?

人気による納期の長期化は避けられず、一早く契約しておく必要があります。

本ページではランクル250について私自身の取材をもとに、最新納期から納車が早まるコツまで解説します。

購入を検討している人、納車遅れが心配な人は参考にしてください。

ランクル250納期最新情報2024年

ランクル250の納期最新情報

ランクル250の最新納期は1年~2年程度と予想されます。

これまでのランクルシリーズの納期と250の人気をふまえると、早い人で1年程度、通常納期は2年ほどかかる可能性があるでしょう。

想定される国内月間生産台数は月あたり2,000程度で、ランクル70のおよそ「5倍」にあたる数字となります。日野、羽村工場にくわえ国内向けとして新たに田原工場でも追加生産されるため増産が期待できます。

しかし、それでも販売店情報によると発売前からかなりの引き合いが入っており、割り当て台数を上回ることは確実となります。

このことからも基本的には再再販されたランクル70と同じ流れが想定できます。

ランクル70の納期・納車情報

2024年以降、ランクルシリーズの納期は早まる傾向にありましたが、豊田自動織機の不正の影響によりランクルのエンジンの出荷が一時停止。ランクル250への影響も避けられない状況です。

ランクル250を購入するのであれば待ちを想定した上で、準備をしていきましょう。

【愛車を高く車売るなら】ナビクル車買取

愛車の無料査定申し込み直後、すぐに買取相場が分かるのが魅力で、他の査定額と比べることができて重宝します。
76.9%の方が高く売却できたと実感し、上場企業運営だから安心です。


【電話が苦手な人向け】MOTA車買取

やりとりするのは高額査定の上位最大3社だけで、電話ラッシュが苦手という人も安心です。最大20社が競い合うため愛車の高額査定が期待できるのも魅力。

ランクル250の発売日・購入方法

ランクル250の発売日・購入方法

ランドクルーザー250の発売日は2024年4月18日にファーストエディションから市販が開始し、通常モデルの市販開始が5月以降となります。

予定されていた発売日より1ヶ月遅れる形となりましたが、無事に2024年4月25日から生産が開始されます。

発売開始と同時に完売となる可能性が高く、早い段階で申込む必要があるでしょう。

基本的には抽選販売となっていますが、販売方法はお店によって異なり、先着順を採用するところもあります。

ファーストエディションをのぞく一般モデルは通常販売するところも多いことが想定され、比較的購入はしやすいでしょう。

購入条件も販売店ごとにルールがことなり、以下のようなケースがあります。

  • 購入条件なし
  • 初見さんの契約は不可
  • ディーラーローン必須
  • 残クレ必須
  • KINTO契約

初見さんNGの店舗であっても、購入条件をクリアすると契約できる場合があります。

ランクル250を契約する上では、いくつか販売店をまわって購入条件を確認した上で、納得できるところで申込みしましょう。

ランクル250は高価格帯のため、買える人が限られていることからも、購入条件なしで契約できることもあるでしょう。

ランクル250の納期に関する口コミ

ランクル250の納期に関する口コミ

ランクル250の納期について、気になる口コミをツイッターよりピックアップしました。

納期について

販売店にたずねたところランクル300の納期が2~3年ということだったので、ランクル250も最終的にはこのくらいに落ちつきそう。

ランクル70の時は早い人で3ヶ月くらいで納車されていた。生産台数の多いグレードや仕様を選び、早めに契約すれば1年以内に納車できると思う。

生産台数について

ランクル250の国内生産はある程度の数が期待できるため、ランクル70ほど狭き門にはならないでしょう。

グレードごとに生産数は異なる

特別仕様車のファーストエディションをのぞくと、丸目は有料オプションとなり、上級グレード「ZX」ではオプションでもつけることができません。

自分が希望する仕様をイメージしておき、販売店に伝えるようにしましょう。

ランクル250の競合車と納期比較

トヨタ ランクル250と同タイプのライバル車との納期を比較しました。

車名 納期目安
トヨタ ランクル300 3年程度
トヨタ ランクル70 3年程度
トヨタ RAV4 5ヶ月
三菱 トライトン 4~5ヶ月
ジープ ラングラー 5ヶ月
ジムニーシエラ 1年(MT車は半年以内)

トヨタ「ランクル300」と「ランクル70」の最新納期は3年程度ですが、ランクル250は生産工場が多いことからも、少し早くなるでしょう。

1年以上待てないという場合は、三菱トライトンが4~5ヶ月、ジープラングラーが5ヶ月程度であるため、こちらもおすすめです。

ランクル250は長い待ちが想定されるため、つなぎで乗る車も検討しておきましょう。

ランクル250の納期が早まるコツ

ランクル250の納期が早まるコツ

ランクル250の納期が早まるコツについてポイントを3つ解説します。

仕様(グレードとボディーカラー)に注意する

ランクル250はグレードやボディーカラーごとに生産数がことなり、生産の多い仕様を選ぶと納期が早まる可能性が高まります。

グレード構成については以下の通りとなっています。

  • FE(ファーストエディション)
  • ZX(上級グレード)
  • VX(中間グレード)
  • GX(ベースグレード)

1番人気はファーストエディションで、次いで中間グレードの「VX」の人気が想定されます。

ランクル250が高価格帯で上級グレード「ZX」は丸目が有料オプションでもつけられないこと、「GX」グレードは主に法人向けのため「VX」グレードを選ぶのが無難です。

ボディーカラーでは人気の「プラチナホワイトパール」「ブラック」が多く生産されますので迷ったら選択しておきましょう。

販売店によって在庫状況はことなり、思いもよらない仕様の納期が早いことはあります。

ただ、人気の仕様を選んでおくと無難です。

複数のトヨタ販売店をまわる

トヨタ販売店ごとにランクル250の割り当て台数は異なります。年間あたりでは100台以上の差がありますので、納期に大きな差がつながる可能性があります。

一般的に大型店または販売実績が豊富な店ほど、割り当て台数が多い傾向にあります。

割り当て台数が多い販売店は購入しやすいメリットもあり、なるべく複数のトヨタ販売店をまわって、購入しやすいところで契約されることをおすすめします。

キャンセル待ちに申込んでおく

ランクル250を契約している場合、契約できない場合に限らず、納車を早めたい場合にキャンセル待ちに申込んでおくことはおすすめです。

ランクル250は生産台数が多いことからも、一定のキャンセルが出ることが想定されます。キャンセル車は優先的に顧客にまわされるケースもありますが、申込み希望者にまわされることもあります。

納車の早いキャンセル車が手に入れば、スピード納車も可能となりますので、念のためキャンセル待ちの申し込みができるか販売店に確認しておきましょう。

全体まとめ

ここまで、トヨタ ランドクルーザー250(ランクル250)の納期・購入情報について解説してきました。

全体をまとめると以下のとおりです。

  • 最新納期予想は1~2年
  • 国内生産台数は年間2万を越える見込み
  • 国内生産体制は良好
  • 販売店ごとに納期に差がある
  • 生産の多い仕様を選ぶと良い
  • キャンセル待ちも狙い目

ランクル250は、すでに割当台数を大きく上回る引き合いとなっており、長い納期は避けられない状況です。

ただ、一定の生産台数は確保されているため、契約のタイミングや販売店の在庫によっては、比較的早く納車できるケースもあるでしょう。

納期遅れに巻き込まれないためにはなるべく早く購入の意思を示し、本ページでご紹介した内容を意識してください。

国内販売比率や、工場稼働状況によって納期は変わるため、本ページは随時更新するのでチェックしましょう。

【愛車を高く車売るなら】ナビクル車買取

愛車の無料査定申し込み直後、すぐに買取相場が分かるのが魅力で、他の査定額と比べることができて重宝します。
76.9%の方が高く売却できたと実感し、上場企業運営だから安心です。


【電話が苦手な人向け】MOTA車買取

やりとりするのは高額査定の上位最大3社だけで、電話ラッシュが苦手という人も安心です。最大20社が競い合うため愛車の高額査定が期待できるのも魅力。

  • この記事を書いた人
プリズムアップ

ウォルターインターナショナル合同会社

プリズムアップは、ウォルターインターナショナル合同会社が手がける自動車メディアです。車業界で長年培ってきた経験と知識を生かし、ユーザー目線で新車や中古車、納期情報を分かりやすくお届けしています。

-トヨタ車