未分類

交通事故を減らす啓蒙運動を開始。事故を減らす上で大切なポイントは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あおり運転、ひき逃げ、交通事故、酒気帯び運転など、令和になってから自動車に関する事故のニュースがより目立つようになりました。

そこでウォルターインターナショナルでは、自動車サイトを通じて車の事故を減らすための運動を開始しました。

広島交通安全協会と協力

広島安全交通協会と協力し、安全な車社会を目指すための活動を行うことを宣言します。

交通事故を減らすための施策

日本におい1年間に交通事故で死傷する確率は0.528%。

人が一生のうちに交通事故に遭う確率は、約35.8%にのぼるといわれています。

また、飛行機、電車、船の中でもっとも死亡率が高いのが車とされています。

交通事故を減らすためには?

交通事故を減らすためには自分の命は自分で守るという意識も必要になります。

相手を変えることはできなくても、自分の危機意識を高めることはできます。

そのためには幼いころからの危機意識に対する学びが大切になります。

ウォルターインターナショナルでは青少年に向けた交通事故に遭わないための重要な指標をまとめました。

大人の方でも参考になりますのでぜひ一度目を通してください。

青少年の交通事故対策7カ条!知っておくべき自分の命の守り方

自動車の危険性を知り、危機意識を持つだけで格段に交通事故を回避できる確率は高まります。

あおり運転の対策は?

昨今、大きな社会問題となっている「あおり運転」ですが、ドライブレコーダーが普及してもなお減る気配がありません。

あおり運転はどのような一定の確率で遭遇してしまう恐れがあります。

そこで、ウォルターインターナショナルでは自動車免許所と協力を行い「あおり運転しない宣言」の普及活動をするとともに、実際にあおり運転に遭遇した場合の対処法をまとめました。

あおり運転に有効な対策をプロが解説!これだけは押さえておこう

自動車は非常に危険であるという認識が必要

自動車は非常に便利で、人々の生活を豊かにするものです。

その一方で、場合によっては凶器にもなりうる存在であることを認識する必要があります。

また、バイクや自転車といった乗用車であっても、生身の人間の身体とぶつかれば大きな事故につながる可能性があります。

こうした流れを受けて高齢者による免許返納の流れも生まれていますが、こうした流れは危機意識の現れであり現在は良い方向に進んでいると考えられます。

ウォルターインターナショナルでは自動車の素晴らしさを伝えると同時に、交通事故を減らすためその危険性についても発信をしていきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*