美容

毎日10分のランニングは意味ない?走るメリットや習慣にするコツを解説

毎日10分のランニングは意味ない?走るメリットや習慣にするコツ

ダイエットに有効と言われている有酸素運動には、「走る・歩く・自転車に乗る」など、さまざまな方法があります。

その中でもランニングは、短期間に大きくダイエット効果を得られる方法ではないかと、期待している人もいるのではないでしょうか?

そこで、

「毎日10分のランニングは意味はない?」
「毎日10分走るメリットは?」
「10分でもきつい場合は?」

といった疑問についてこのページでは解説をしていきます。

走り慣れていなかったり時間がなくて、毎日10分のランニングを検討している人はぜひ参考にしてください。

このページで分かること

  • 毎日10分走ることで得られるメリット
  • 走ることを習慣化させるコツ
  • 走るのに適した時間帯

毎日10分のランニングで得られる6つのメリット

毎日10分のランニングで得られる6つのメリット

10分間というと、時間としてはそれほど長くはありません。
このぐらいの時間なら、多くの人にとって確保できますし、ちょっとした隙間時間を利用して走るということも可能でしょう。

毎日10分だけでは意味がないと思われがちですが、実はさまざまなメリットや効果があります。

小さくてもダイエット効果がある

走る時間は短くても、走ることによってエネルギーを燃焼できます。そのため、意味ない?と思っても継続することで、安定したダイエット効果を得ることができます。

例えば、体重50kgの人が毎日10分走ると、それだけで約60Kcal程度を燃焼できます。さらに、走ることによって基礎代謝がアップするので、これまでよりもたくさんのエネルギー燃焼効果が期待できるでしょう。

基礎代謝があがり痩せやすい体になる

1日10分走るだけでも、自身が考えているよりも大きな効果をもたらしてくれます。

毎日10分でもランニングを継続すると、全身の筋肉が鍛えられ、少しずつ基礎代謝がアップします。
基礎代謝がアップすると、これまでと同じ生活をしていても燃焼できるエネルギー量が増えるため、痩せやすくて太りにくい体質へと近づきます。

ストレス物質を分解できる

毎日10分のランニングで得られる6つのメリット

社会生活を営んでいると、毎日あらゆるところでストレスを感じることがあります。

ストレスを感じると、体内では活性酸素というストレス物質が大量に作られてしまうわけですが、走ることによってストレス物質を分解できます。

実際に本人がストレスを解消できているという実感がなくても、体内ではストレス解消効果が出ています。続けることによって、蓄積されていくストレスを少しずつ解消できるという効果もあるのです。

全身の筋肉が鍛えられる

1日わずかの運動でも走るという行為は、全身の筋肉を使う運動なので、続けることで全身の筋肉をバランスよく鍛えられるメリットがあります。

普段の生活ではあまり使わないような筋肉も鍛えられるので、わずかな時間でも継続することで筋力を鍛えられるでしょう。

健康的なカラダになる

短時間でも走る習慣をつけることで、全身の血行が良くなります。

血行が良くなることによって新陳代謝がよくなり冷え性が改善できますし、筋肉の凝りをほぐす効果も期待できます。

運動を習慣化するクセがつく

走ることは、難しい動作やコツが必要なわけではありませんし、お金がかかる運動というわけでもありません。1人でいつでもどこでもさっとできる運動ですし、誰でも始めやすいという魅力があります。

1日10分程度なら、忙しい人でも時間を確保できます。気軽にできて継続するクセがつけやすいのは、運動をする上で大きなメリットになります。

続けなければ意味ない?走ることを習慣化させるコツ

毎日10分のランニングは意味ない?走るメリットや習慣にするコツ

どんなに優れた運動でも、続けなければ継続的な効果を得ることはできません。それに、頑張り過ぎてしまうような運動は長く続けることは難しいでしょう。

1日10分でも毎日走ることにはさまざまなメリットがありますが、続けることはカンタンではありません。
ここからは毎日走ることを習慣化させるコツをご紹介します。

無理せずできるところから始める

走る時間や距離は、「頑張り過ぎない」レベルからスタートしましょう。どのぐらいの時間なら無理しないのかについては、個人差があります。

マラソンが得意な人なら、軽く走るだけで20分ぐらい走れるかもしれません。しかし走ることが大嫌いな人や、マラソンが苦手な人だと、5分程度でもかなりキツイと感じるでしょう。

毎日10分走るのもきついのであれば、5分からでもよく、ウォーキングと組み合わせてもよいでしょう。

走れない日があっても問題ない

継続することを目標としていても、天気が悪かったり忙しかったりして走れない日もあります。そうした日でも、罪悪感を感じたり、「昨日は知らなかったからペナルティとして今日は20分走ったほうが良い」などとは考えない方が良いです。

毎日10分走るとしても、走れるコンディションの時だけで問題ありません。

きつくなったら歩いてもOK

毎日10分のランニングは意味ない?走るメリットや習慣にするコツ

運動がそれほど得意でない人にとっては、短時間でも走り続けることはキツイものです。もしもキツイと感じたら、ランニングの途中で歩いてもOKです。

5分走って休み、また5分走るというやり方でも問題ありません。

大切なことは、やる気とモチベーション、そして続けることで習慣化するということなのです。

慣れてきたら走る時間を伸ばす

走り慣れてきたり、気分が乗っている日には、時間を少し伸ばしてみるのもおすすめです。毎日10分走るだけでも効果はありますが、さらに消費カロリーや健康効果は高まるでしょう。

無理は禁物ですが、慣れてきたので時間を15分に伸ばしてみるとか、コースを変えたら走る時間が15分ぐらいになったというのは、ありでしょう。

毎日10分なら回数を増やすのもアリ

継続することを目標としているなら、1日1回でも十分です。

しかし、もしも時間的に余裕があったり、気分が上がっているのでもう少し走りたいなという時には、1日1回だけではなく複数回走ってもよいでしょう。

1回の運動が短時間なら、疲れすぎて嫌気がさすこともなく、何回でもトライできるのもメリットです。

毎日10分ランニングする時間帯はいつがおすすめ?

毎日10分ランニングする時間帯はいつがおすすめ?

ランニングの時間帯は、自身のライフスタイルに合わせて決めるのが理想的です。

結論としてはどの時間帯に走っても問題はありません。

しかし、走る時間帯ごとにメリットとデメリットがありますので、自分はどれが合うか確認しておきましょう。

朝走ることのメリットとデメリット

朝起きたばかりの時間帯のランニングは、ダイエット効果という点では昼や夜よりも高くなります。
特に朝食を食べる前の時間帯には、食事後よりも3倍のダイエット効果があると言われているため、短期間でしっかり痩せたい人にはおすすめです。

デメリットは、頑張り過ぎると一日の中で眠くなってしまうという点があります。朝走るなら、頑張り過ぎない程度に抑えておきましょう。

昼に走るメリットとデメリット

毎日10分のランニングは意味ない?走るメリットや習慣にするコツ

昼に走ることは、午前中の活動によって既に体温がある程度高くなっていたり、筋肉がほぐれている状態なので、走りやすいというメリットがあります。

朝晩のように気温や明るさを気にせずに済むのもまた、メリットです。

デメリットは、夏場は熱中症のリスクが高くなる点があります。暑い季節なら、水分補給をしながら走るとか、帽子をかぶるなどの工夫をすることが大切です。

夜に走るメリットとデメリット

夜に走ることは、日焼けしないというメリットがある他、夏でも気温が下がることで走りやすいというメリットが期待できます。

朝や日中が忙しい人でも、短時間なら隙間を狙って走りやすいのがメリットでしょう。

夜というのはその日やるべきことがある程度終わっているため、無理なく走りやすく続けやすい時間帯といえます。

ダイエットのために走るなら工夫すると効果がアップ

毎日10分のランニングは意味ない?走るメリットや習慣にするコツ

ダイエットを目的として走るなら、ただ走るだけでなくちょっとした工夫をすることによって、ダイエット効果を高めることができます。

筋トレやストレッチをする

筋トレをすることで筋肉を強くでき、基礎代謝がアップして痩せやすくなります。

また走り出す前にストレッチすることによって、筋肉をバランスよくほぐすことができます。どちらも、ダイエット効果を高めてくれるでしょう。

ウォーキングと合わせて時間を伸ばす

長時間のランニングは、誰でも大変です。
しかし、走った後に少し歩き、再び少し走るなどウォーキングと組み合わせるなら、誰でも挑戦しやすいのではないしょうか。

それによって運動時間を伸ばせれば、燃焼できるエネルギー量も多くなり、大きなダイエット効果につながります。

毎日10分走ることに関してよくある質問と回答

10分で何キロ走れるの?

初心者でも無理なく走れる時速6km/時で換算するすると、1km走れる計算になります。

10分走ることで消費されるカロリーは?

体質にもよりますが、一般に消費カロリーは約60カロリー燃焼できるとされます。

毎日10分のランニングは意味ない?のまとめ

毎日10分のランニングは意味ない?走るメリットや習慣にするコツ

「毎日10分のランニングは意味ない?」という疑問に対しては、そのようなことはなく、さまざまなメリットが得られます。

単純に消費カロリーも約60カロリー燃焼できるため、継続することでダイエットの支えにもなります。

毎日10分走るだけでも意味はありますが、筋トレやストレッチと組み合わせたり、ウォーキングと組み合わせて運動時間を伸ばすとさらに効果的です。

毎日10分でも続けることができれば、生活の質は高まることでしょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

マイスターノート

マイスターノートは美容と生活における専門性の高い厳選された情報だけを届ける総合メディアです。「質の高い情報で人生を豊かにする」ことをコンセプトに運営しています。

-美容

© 2022 マイスターノート Powered by AFFINGER5